ドラマ「ナイスフライト」最終回までのあらすじ,感想,考察!トレンド世界1位の話題作品

NICE FLIGHT!
スポンサーリンク

2022年夏ドラマ「ナイスフライト」は、空港を舞台に恋も仕事も奮闘するパイロット・ラブコメです。

Twitterでトレンド世界1位を獲得するなど、話題のドラマとなっております。

そんなドラマ「NICE FLIGHT!」1話から最終回までのあらすじ、感想、考察をご紹介します。

※極力ネタバレしないように細心の注意を払いますが、一部少しのネタバレにご注意ください。

ドラマ「ナイスフライト」キャスト,相関図,ゲスト出演

スポンサーリンク

「NICE FLIGHT!」第1話(2022年7月22日)

あらすじ

副操縦士3年目の《ツイてるコーパイ》こと倉田粋(玉森裕太)は、機長の喜多見七海(吉瀬美智子)と羽田空港を目指して飛行中に”ハロ現象”を目撃する。”ハロ現象”とは天候悪化の前兆――まもなく東京ターミナル管制所(通称:東京アプローチ)から、羽田上空にマイクロバーストが発生していることが告げられる!

「NICE FLIGHT!」公式

感想

吉瀬さん演じる喜多見機長は女性機長で、ジェンダーフリーを反映しているなと思いました。美人で操縦技術はもちろん、アクシデントにも機転が利く喜多見は女性から見てもかっこいいなと思います。玉森さん演じるコーパイの粋がフライト中にマイクロバーストに遭い、その時の管制官に助けられ「ひと聞き惚れ」し、その声の管制官を探すも管制官訓練生でパイロット狙いのかすみが嘘をついて自分だと言うのにはあざとい女だとちょっとムカつきました。でも、かすみの声を聞いて「違う」と思わずに騙された粋も天然だなと思いました。

考察

まず、機長役の吉瀬さん、コーパイ役の玉森さん、管制官役の中村さん、夏目さんの流暢な英語がすごいと思います。パイロットと管制官は仕事上では顔を合わせず、声でのやり取りですが、この声の管制官はいつも的確なアドバイスをしてくれるなど、粋が「ひと聞き惚れ」する位の信頼関係を築けるのだなと思いました。管制官訓練生のかすみの態度はまだ仕事上では一人前になっていないのに恋愛に貪欲で嘘をついてまで粋に接近するのはあざといなと思います。粋の「ひと聞き惚れ」の声を騙された相手なのを見抜けないのは仕事以外では天然キャラなのかと思われます。これから粋の恋模様が楽しみです。

スポンサーリンク

「NICE FLIGHT!」第2話(2022年7月29日)

あらすじ

マイクロバーストの日に自分を救ってくれた管制は自分だと、”管制官訓練生”の河原かすみ(玉城ティナ)に言われ、探していた声の主を見つけられたと満足気な副操縦士の倉田粋(玉森裕太)。しかしそれを聞いた酒木ジェームス(尾上右近)は、「お礼も聞かずに無線をバッサリ切るようなタイプには見えない」と否定、「どっちかっていうと愛想のない方じゃ…」と、渋谷真夢(中村アン)の可能性を示唆する。

「NICE FLIGHT!」公式

感想

粋に好意を持っているかすみが恋愛でうかれてる感満載で、先輩管制官の夏目もかすみの扱いに困っており、教育係として大変だなと同情します。粋のフライト便に偶然、搭乗訓練で故郷の青森まで搭乗する事になった真夢との急接近。運命の様でニヤけてしまいました。機長の喜多見も搭乗訓練の真夢とコックピットでの同席で真夢の管制官の仕事に対する思いを聞くシーンが、2人ともプライドを持って仕事をしている事をわかり合っていて女性が活躍している航空会社でいいなと思いました。真夢の実家の祖父が伝説のホワイトインパルス隊員で、粋が真夢の実家を偶然訪問するシーンに、偶然が重なりすぎ!と叫びたくなる程、ドキドキしました。

考察

管制官としての真夢は冷静沈着でいつも的確な指示をする完璧主義な人物なのに、オフの真夢は部屋は散らかり放題で家事は微妙な所がギャップがあって人間らしいなと思います。訓練生のかすみは粋の連絡先をゲットし、恋の狙いを定めており、仕事より恋愛体質な女性だと思われます。粋は私生活、ましてや恋愛に対しては騙されていても気づかない鈍感で天然な男性だと思われます。今回の放送で粋と真夢が急接近し、偶然訪れる事になった真夢の実家の人達にも歓迎され、周囲から2人の恋が応援されていくような気がします。一気に距離が近くなり始めた粋と真夢の関係の今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク

「NICE FLIGHT!」第3話(2022年8月5日)

あらすじ

オペレーションセンターで無線から聞こえてきた声を聞いた倉田粋(玉森裕太)は、その声の主こそが自分が探していた人物だと確信する。その直後、管制官訓練生の河原かすみ(玉城ティナ)から電話が。今、ローカル席で管制しているのは渋谷真夢(中村アン)だと聞いた粋は、初めて知る事実に複雑な気持ちを抱く。

「NICE FLIGHT!」公式

感想

やっと「ひと聞き惚れ」の声の相手が真夢だと自分で気がついた粋にホッとしました。かすみからのデートの誘いLINEに誤送信でOKしてしまうシーンは、粋の自らが不運を引き寄せてしまう運の悪さにじれったさを感じてしまいました。イマドキ女子のかすみには今回もイラっとしました。2話で急接近し、意識をし始める粋と真夢がかすみへの誤送信デートの1件を機にお互いが相手への気持ちを自覚し始め、ドラマの最後での2人の相合傘のシーンが初々しくてキュンキュンしました。

考察

粋の探していた「ひと聞き惚れ」の相手が本当は真夢だとわかり、粋が真夢の事を仕事相手として以外だけなく真夢の事を意識し始めていると思われます。人付き合いの苦手な真夢がかすみがグイグイ粋に近付くのを面白く思っていないのは真夢も粋を意識しているのだと思います。管制官の夏目と訓練生のかすみが、お互い本当はパイロットやCAを諦めた過去がある事がわかり、今後はかすみも腰かけ仕事ではなく、管制官の仕事に誇りを持って前向きに仕事をしていくのではないかと期待したいと思います。かすみとの関係の誤解が解け、粋と真夢が恋愛関係に発展していくのではないでしょうか。次回が楽しみです。

スポンサーリンク

「NICE FLIGHT!」第4話(2022年8月12日)

あらすじ

「あの時、一緒に飛んでくれてありがとう」――雨が降る中、管制塔へ渋谷真夢(中村アン)を迎えに行き、ようやくマイクロバーストの日のお礼を伝えることができた倉田粋(玉森裕太)だったが、翌日になると、突然告白めいたことをしてしまった自分に、とんでもなく恥ずかしい気持ちになっていた。

「NICE FLIGHT!」公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました